ファーウェイOEMかも?中国キャリアの独自端末「NZONE S7 Pro+」発表。 すまほん!!

 中国のMNOであるChina Mobile(中国移動)が、ミッドレンジ5Gスマホ「NZONE S7 Pro+ 5G」を発表しました。

 名前からは今年7月に発表された「NZONE S7 Pro 5G」の上位機種に見えますが、実際はそういうわけでもなさそうです。MediaTek Dimensity 720を搭載します。

 MediaTek Dimensity 720の構成はSoCは2GHzのCortex-A76とCortex-A75のオクタコア。実行メモリは8GB、ストレージは128GB。

 ディスプレイは6.53インチのフルHD+有機ELでリフレッシュレートは60Hz。NZONE S7 Pro 5Gは液晶モニターではあったもののリフレッシュレートは90Hzであったため、純粋なスペックアップとはならないようです。カメラは6400万画素メイン+800万画素超広角+200万画素深度測定+200万画素マクロの四眼構成、インカメラは1600万画素。

 バッテリーは3800mAhで66Wの急速充電に対応。指紋及び顔認証を備え、VoLTEやデュアルSIMに対応するようです。

 明言はされていないのですが、本体性能や形状はHUAWEI nova 8 SEとほとんど同一であり、HUAWEIから供給を受けているOEM製品であることは確実でしょう。搭載されているOSはAndroidとの表記はありますが、中国国内向けのスマホには変わらないのでいずれにせよGMSは使用不能でしょう。

nova 8 SE 画像出典:Huawei

 NZONE S7 Pro+ 5Gの本体色はブラック、ブルー、シルバーの3色となっており、jd.com(京東)での価格は2599元、日本円で4万4000円となっています。

 スペック表は以下の通り。

  NZONE S7 Pro+ 5G NZONE S7 Pro 5G
OS Android 11
SoC MediaTek Dimensity 720
メモリ 8GB 8GB
容量 128GB 128/256GB
画面 6.6型 (1080×2400)
カメラ 6400万画素+800万画素超広角+200万画素マクロ+200万画素深度測定 6400万画素+800万画素超広角+200万画素マクロ
インカメラ 1600万画素
電池 3800mAh 4000mAh
その他   リフレッシュレート90Hz対応