シャオミの超狭額縁スマホ、「画面下カメラ」でまもなく復活へ!「Mi MIX4」の販促ポスターで外観も確認 すまほん!!

 中国短文投稿サイト「微博」にて、科技小布を名乗るユーザーがXiaomiの未発表スマートフォン「Mi MIX4」の販促宣伝素材をリークしました。

  「探索·未来全面屏(フルディスプレイ)​​」の文言通り、極めて細い額縁を備えていることが伺えます。前後は微妙に湾曲しているように見えます。

 通常ベゼル内にあるフロントカメラは確認できません。噂通りであればおそらく画面下カメラ(Under-display Camera)技術により、ディスプレイ上部が画面表示とカメラ機能を両立しているものと思われます。カメラ突起部分はHuawei P40やVivo x60 Proを彷彿させる今風のデザインです。

 Mi MIX4はGeekbenchから性能が確認されており、Snapdragon 888+搭載や実行12GBメモリを搭載します。3C認証によれば4500mAh電池や120W急速充電も備えるようです。

 小売店舗の現場までポスターが掲示されていることから、近いうちに発表がなされることが期待されます。

 Xiaomiは8月10日に新製品発表会を予定しており、Mi MIX 4やMi Pad 5のお披露目が予想されます。

 Mi MIXシリーズはかつての狭額縁スマホの代名詞。2016年に登場した初代モデルは6.4型の大画面を備えており、先駆者AQUOSの三辺狭額縁同様、フロントカメラを下部に備えていました。Mi MIX 3の正統後継機はこれまで登場していませんでしたが、実用的な最新技術の登場を待った今、満を持してのシリーズ再起動となりそうです。