ZTE Axon 30 5G、ソフトウェアアップデートで世界最大「実行20GBメモリ」獲得へ すまほん!!

 フラッグシップキラーともいえる性能やさらに進化した画面下カメラを引っ提げ、先月発売されたばかりのZTE Axon 30 5Gに、ストレージをメモリとして利用する仮想メモリ機能を利用可能にするソフトウェアアップデートがリリースされました。

 Phone Arenaによると、このアップデートではストレージを最大8GB分のメモリとして割りあてることが可能となったようです。Axon 30のメモリのラインナップはLPDDR5 6/8/12GBが用意されているため、最上位モデルであれば、実質ROG Phone 5 UltimateやLegion Phone Duelといった名だたる超高価格帯のゲーミングスマホを超える世界最大のメモリ量となります。

 ZTE Axon 30は世界で初めて商用で画面下カメラを搭載したZTE Axon 20の後継であるスマホであり、Snapdragon 870や120Hz有機ELディスプレイを採用し、DTS:X Ultraや55Wの急速充電に対応するなど抜かりのない性能でありながら、最廉価モデルは3万円台後半からと非常にリーズナブルな価格となっています。特徴の画面下カメラも進化しており、カメラが埋め込まれた部分の解像度は先代の2倍に増加しています。

 ZTE Axon 30は8月3日より中国市場で発売されていますが、発売・発表日は不明ですがグローバル版も予告されています。ZTE Axon 20はカスタマイズが施された上で日本でもRakuten BIGとして販売されているため、Axon 30も日本で見かけることができるかもしれません。

海外スマホ個人輸入の定番
etoren
ETOREN イートレン
使い方