ZTE Axon 30 5G 正式発表。進化した「画面下カメラ」とスナドラ870搭載! すまほん!!

 ZTEが新型5Gスマートフォン「ZTE Axon 30 5G」を発表しました。同社は昨年、世界で初めて「画面下カメラ」を搭載した「ZTE Axon 20 5G」を発表しましたが、その後継モデルとなる端末です。

 OSはAndroid 11で、ZTE独自UIのMyOS11を搭載。SoCは「Qualcomm Snapdragon 870」を採用しており、実行メモリは6/8/12GBの3種類で、ストレージは128/256GBの2種類。また、UFS3.1にも対応しています。

 ディスプレイは、インカメラを画面下に埋め込んだストレートスクリーンで、6.92インチの大型AMOLEDを採用。アスペクト比は20.5:9と縦に長く、解像度は1080×2460のフルHD+となっています。また、120Hzのリフレッシュレート、360Hzのタッチサンプリングレート、100% DCI-P3、10bit対応とスペックに妥協がありません。

 アウトカメラは四眼構成で、光学式手振れ補正を備えた6400万画素のメイン(広角)、800万画素の超広角、500万画素のマクロ、200万画素の深度センサーを搭載。画面下のインカメラは1600万画素です。

 バッテリーは4200mAhで、最大55Wの有線急速充電も搭載。「Quick Charge 4+」にも対応します。また、オーディオには、高いサラウンド効果を引き出すDTS:X Ultraテクノロジーを採用しています。

 本気の最大の特徴は、進化したディスプレイ技術でしょう。インカメラが埋め込まれた箇所の解像度は、前モデル「Axon 20 5G」の200ppiから400ppiと2倍に向上。更に、眼の保護について、ドイツのTUV、スイスのSGS、アメリカのULの3つの認証を受けた世界初のスマートフォンとなっており、ブルーライトを低減するだけでなく、ちらつきによる眼精疲労も抑えます。

 端末の寸法は、高さ170.2mm、幅77.8mm、厚み7.8mm、重量189gと、大型のスマートフォンとしては厚みと重量がしっかり抑えられた設計。カラーはブルー、ブラック、ブラウンレザー、冠军(白地に五色ストライプ)の四色展開ですが、先にブルー、ブラックが発売されます。

 中国での発売予定日は8月3日で、メモリ6GB / ストレージ128GBモデルが2198元(日本円で約3万7000円)。その他、メモリ8GB / ストレージ128GBモデルが2498元(日本円で約4万2000円)、メモリ8GB / ストレージ256GBモデルが2798元(日本円で約4万8000円)、メモリ12GB / ストレージ256GBモデルが3098元(日本円で約5万3000円)となっています。また。グローバル版の展開も予告されています。

 スペックは以下の通りです。

OS Android 11, MyOS11
SoC Snapdragon 870
メモリ 6 / 8 / 12GB
ストレージ 128 / 256GB, UFS3.1
画面 6.92型 (1080×2460), 有機EL
120Hzリフレッシュレート
360Hzタッチサンプリングレート
100% DCI-P3, 10bit
カメラ 6400万画素メイン + 800万画素超広角
+ 500万画素マクロ + 200万画素深度
インカメラ 1600万画素
電池 4200mAh, 55W急速充電
Quick Charge 4+
寸法 170.2 x 77.8 x 7.8mm, 189g
通信 5G: n1, n3, n28, n41, n78
4G FDD-LTE: B1, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 20
4G TD-LTE: B34, 38, 39, 40, 41
その他 Wi-Fi 6, Bluetooth 5.1, NFC
画面内指紋認証, DTS:X Ultra
本体色 青莹 (ブルー), 黑曜 (ブラック),
轻咖 素皮 (ブラウンレザー), 冠军

 「画面下カメラ」を搭載した本機は、ZTEのディスプレイへの拘りがよく分かるスぺックとなっています。しかし、それだけでなくSnapdragon 870や4眼カメラ、55W急速充電を搭載しながら、薄型軽量。更に価格も日本円で3万7000円からと、渾身のフラッグシップキラー端末となっています。近年、同社は業界の中で影の薄い存在でしたが、本機は起死回生の一撃となるでしょうか。