久しぶりだね。タブレット「HTC A100」発表。 すまほん!!

 かつてNexus 9(2014)を出していたHTCですが、久々のAndroidタブレット。HTCはエントリークラスのタブレット「HTC A100」をロシアにて発表しました。

 SoCはUNISOC Tiger T618を搭載。同じSoCを搭載する「Teclast M40」はGeekbenchでシングル392点/マルチ1364点と良くもなく悪くもない性能です。ディスプレイは液晶のWUXGA(1920×1200)、デュアルSIMに対応し、バッテリーは7000mAh。イヤホンジャックやUSB-Cポート、1300万画素+200万画素のカメラと500万画素のインカメラを備えます。

 本体色はグレーのみ。ラインナップも一種類しかなく、価格は19990ルーブル(3万200円)。メモリは8GB、ストレージは128GBとこの価格帯にしては比較的多くなっています。

 

OS Android 11
SoC UNISOC Tiger T618
メモリ 8GB
容量 128GB
画面 10.1型 (1920×1200) IPS
カメラ 1300+200万画素
インカメラ 500万画素
電池 7000mAh
本体色 グレー
その他 デュアルSIM(4G),USB-C,デュアルスピーカー,3.5mm,SDカード対応

 HTCは今でこそハイエンドVRゴーグルの市場で存在感を大きくしていますが、かつてはAndroidを搭載した端末を世界で初めて発売し、一時は世界のスマホシェア5位に君臨するなどスマホ業界を牽引していました。

 しかし経営ミスや他メーカーの猛追などが重なり、現在少ないながらも販売しているスマホは4コアSoCを搭載するものからせいぜいミッドレンジと呼べるものまで。

 HTCが今年中に複数の5Gスマホを出すという噂もあるようですが、果たしてHTCがスマホ・タブレット業界に返り咲くことはできるのでしょうか。

海外スマホ個人輸入の定番
etoren
ETOREN イートレン
使い方