Redmi 10 Prime 発表。2万円切り90Hz駆動の高コスパ、MediaTek Helio G88搭載途上国向けスマホ すまほん!!

 中国Xiaomiは、1万円台後半の非常に安価なスマホ「Redmi 10 Prime」をインド向けに発表しました。先日グローバルに発表されたRedmi 10とスペック上の違いはほとんどありませんが、Redmi 10はインドで取り扱われておらず、インド向けにローカライズされた機種といえます。

 Redmi 10 PrimeはSoCにMediaTek Helio G88を採用。Cortex-A75(2.0GHz)×2+Cortex-A55(1.8GHz)×6といった構成で、公式の計測ではあるものの、AnTuTu Benchmark v9では23万点を記録しているようです。

 ちなみに、Snapdragon 662を搭載したOPPO A73が実測19万点程度だったため、その異常なコスパが伺えます。

 メモリとストレージは4GB/64GBもしくは6GB/128GBが用意されており、さらに、Redmiブランドとしては初めてストレージを最大2GB分のメモリとして使用する仮想メモリ機能に対応。

 ディスプレイは6.5インチ液晶のフルHD+(2400×1080)で、リフレッシュレートは90Hz。2万円を切る価格帯のスマホではほとんど例がありません。カメラもこの価格帯ではまず見かけない5000万画素のメインカメラに加え800万画素超広角、200万画素マクロに200万画素深度測定といった構成であり、インカメラは800万画素。

 また、日本ではさらに上の価格帯でもモノラルスピーカーである機種が多い中、Redmi 10 Primeはデュアルスピーカーを搭載。3.5mmイヤホンジャックやデュアルSIM+独立のmicroSDカードスロットを備え、顔認証と本体側面指紋認証に対応。バッテリーは6000mAhと、Redmi 10から1000mAh増えており、18Wの急速充電と9Wの逆充電が可能です。

 本体色はPhantom Black、Bifrost Blue、Astral Whiteの三色で、価格は12999ルピー(1万9000円)からとなっています。

 詳細なスペックは以下の通り。

  Redmi 10 Prime Redmi 10
SoC MediaTek Helio G88
画面 6.5インチFHD + DotDisplay
 2400 x1080の解像度
AdaptiveSyncディスプレイを使用した90Hzのリフレッシュレート(45/60 / 90Hz)
リアカメラ 50MPメインカメラ丨8MP超広角カメラ丨2MPマクロカメラ丨2MP深度センサー
インカメラ 8MP
バッテリー 6,000mAhバッテリー丨18W急速充電丨9W逆有線充電 5,000mAhバッテリー丨18W急速充電丨9W逆有線充電
オーディオ デュアルスピーカー
3.5mmヘッドフォンジャック
生体認証 側面指紋センサー; AIフェイスロック解除
システム MIUI 12.5(Android 11)
Phantom Black、Bifrost Blue、Astral White カーボングレー、ペブルホワイト、シーブルー
寸法 161.95 x 75.57 x 9.56mm 161.95 x 75.53 x 8.92mm
192g 181g
モデル 4/64GB;6/128GB 4GB + 64GB; 4GB + 128GB; 6GB + 128GB 
海外スマホ個人輸入の定番
etoren
ETOREN イートレン
使い方

こんな記事も読まれています

「Redmi 10」発表。爆安なのにステレオスピーカー搭載

「realme Pad」正式発表。MediaTek Helio G80搭載の安タブ

復刻!「Redmi Note 8 2021」登場。

激安「Redmi 10」のスペックやレンダリング画像がリーク

realme 8i 発表。MediaTek Helio G96搭載、仮想メモリ機能で実行11GBに拡張も

Redmi Note 11シリーズ発表。120Hz高駆動やRedmi初の120W急速充電も

Redmi Note 10シリーズ正式発表!5G版は2.1万円から