忌々しいTouchBar消滅きたああああ!超強力、真の「MacBook Pro」爆誕! すまほん!!

 Appleが新製品発表会を開催。新型「MacBook Pro(14 / 16)」を発表、新モデルに搭載する「M1 Pro / M1 Max」についても説明しました。

新型チップ

M1 Pro

 メインプロセッサには新たにM1 Proを搭載します。ご存知の通り、M1はIntel製プロセッサと比較しても電力効率で優れたチップでしたが、プロが使うには少し物足りないプロセッサでした。

 200GB/sのメモリ帯域幅、RAMは最大32GB、8コア2コアで構成される10コアCPU、16コアGPU。M1比較で2倍GPUが強化されました。特にProResでは大きな効果を発揮します。4K/8Kの動画編集も余裕です。ディスプレイの出力は最大2台までに制限されます。

M1 Max

 M1 Maxは更に2倍のメモリ幅、最大64GBのRAMに対応します。CPUコア数は10コア、GPUは32コア、M1比較で4倍、2倍エンコードが速くなります。

 わずか30Wで最高性能を引き出す驚きの電力効率です。一般的なdGPU搭載のノートパソコンと比較しても50Wで最高性能を使い続けることができるので、静かなまま最高性能を継続して使い続けることができます。ディスプレイは最大4台にまで出力可能になります。

MacBook Pro (14 / 16)

 画面サイズは14.2インチと16.2インチ。プロセッサーは画面サイズで差別化されることなく、同じ性能で使うことができます。

 プロユーザーから怨嗟の声も聞かれ、常々その存在意義に対する疑問が呈されてきたTouch Barはついに廃止。iMacに付属していたMagic Keyboardのようなレイアウトになりました。

 ポートにはHDMI、Thunderbolt 4、SDカードスロット、左にはイヤホンジャック、Thunderbolt 4 2個、そしてMagSafeが復活します。

 ディスプレイは最大まで広げられ、iPhoneのようなノッチが存在します。なおFace IDには非対応。

 インカメラが刷新されます。1080pに対応し、絞りもF2.0に明るくなりました。リモートワーク時のビデオ通話がより快適になりそうです。

 そしてPro Motionにも対応します。最大120Hzのハイリフレッシュレートに対応し、なめらかに使うことができます。もちろん動画編集者向けにはリフレッシュレートを固定することも可能です。iPhoneでも好評なLiquid Retina XDR Displayを搭載します。10億色を表現可能なHDRディスプレイ、miniLEDのバックライトを搭載することでコントラスト比は100万:1を実現します。

 スピーカーは2ツイーターに4つのスピーカーの6スピーカーシステムを搭載します。これにより低音もしっかり再現。Dolby Atmosもより効果的に感じることができるとのことです。

 Final Cut ProでProRes動画ならば4Kが30本、8Kが7本並べて再生が可能です。これは28コアのAfterBurner搭載のMac Proよりも多いとのことです。肝心のストレージはSSDは7.4GB/sの爆速。

価格は14インチモデルが1999ドルから、16インチが2499ドルから。今日から予約開始され、来週から販売されます。