USB-C端子を搭載したiPhoneを制作した猛者現る すまほん!!

 多くのユーザーや果てには国にも望まれているiPhoneのUSB-C端子の搭載。それを工作にて実現してしまった猛者が現れたようです。Apple Insiderが伝えました。

 iPhone XのLightningポートをUSB-Cポートに換装してしまったのはスイスのKen Pillonel氏。同氏はUSB-C to Lightningケーブルに含まれるC94コネクタをリバースエンジニアリングし、USB-Cポートにて充電できるように改造。そこから設計した基板をスペースが限られるiPhone内部に配置できるように小型化を施すのに数か月を要したとのこと。

 完成したUSB-Cポート搭載iPhone XはUSB-Cポートを介しての充電はもちろんデータの転送にも対応しているようです。

 多くのオタクの理想を具現化したような端末ではあるものの、もちろんここまでの魔改造を施したからにはAppleのサポートは一切受けられません。Ken Pillonel氏はこのプロジェクトが完了した後にデータを公開する旨の記述をしていますが、スイス連邦工科大学にて修士号を取得している同氏と同等の設備や知識が必要となることは明らかでしょう。

 Appleは販売するデバイスにおいて少しずつUSB-Cへ移行する動きを見せてはいるものの、iPhoneはUSB-Cに対応する前に完全ポートレスになるというリークもあり、今回のiPhone Xが唯一無二のUSB-Cポート搭載iPhoneとなるかもしれません。

 iPhoneのLightning端子については、欧州委員会(EC)が欧州連合諸国で販売する携帯電話や関連する製品に統一の充電ポートを求める法案を検討しており、サードパーティー製LightningケーブルにMFi認証を課して利益を得ているAppleにとってはかなり苦しい風当たりになっています。