eSIMとn79、全社プラチナバンド対応の完全体。非キャリア版「AQUOS sense6」、4万円代前半で11月26日発売! すまほん!!

 シャープは、公開市場向けSIMフリースマートフォンとして「AQUOS sense6(SH-M19)」を正式発表しました。価格は4万円台前半から。

 廉価モデルながらも有機ELを採用し、高級感ある筐体を採用しているのが特徴。

 実行4GBメモリのモデルと実行6GBメモリのモデルの2種類を用意。それぞれ発売日が異なります。

  • RAM 4GB/ROM 64GB 2021年11月26日より順次 4万円台前半
  • RAM 6GB/ROM 128GB 2021年12月中旬以降 4万円台後半

 災害や通信障害にも安心なeSIM+物理nanoSIMのDSDVにしっかり対応、安心して使えます。5Gバンドはn77, n78そしてn79にも対応。4GプラチナバンドはB8/B18/B19。しっかり網羅しています。

 本機を取り扱うNTTドコモは、本機よりも対応バンドが少なくeSIMを去勢した4/64GB版を5万7024円で販売しています。メーカーが公開市場向けに販売するモデルでは、4万円台前半の常識的な価格で、6/128GB版を選んでも4万円台後半となっており、一安心と言えそうです。価格を理由に購入をためらっていた人は、公開市場版を選択するといいでしょう。AQUOS senseシリーズは格安SIMでも定番であり、取り扱いMVNO事業者ではセット割も期待できそうです。

モバワンの最新端末をチェック
OCN モバイルONE
AQUOSスマートフォンをオンラインで購入する。(解説
ドコモ au SB Y! UQ 楽天