OPPOがラテンアメリカで躍進。メキシコのミドルレンジ市場で「シェア首位」獲得 すまほん!!

 市場調査機関Canalysのデータによると、OPPOがラテンアメリカ市場でのシェアを急拡大し、とくに2021年に発売したRenoシリーズがシェア拡大を牽引、メキシコのミドルレンジ市場で首位に躍り出たと、中国「IT之家」が伝えました。

 OPPOは最新データの2021年第4四半期グローバルシェア9%で、世界4大スマホメーカーとなりました。OPPOの広告戦略はvivo、小米などとは異なり、テニスの2021年ウィンブルドン選手権のスポンサーとなり、これはアジア企業で初。これまでのスポンサーは、PUMAやROLEXといった、錚々たる顔ぶれが並びます。

 Canalysのアナリストによると、OPPOは2020年にラテンアメリカ市場へ参入後、現地の有名人をイメージキャラクターに採用するなど、積極的に宣伝販促策を打っているとのこと。

 2020年下半期、OPPOはメキシコの2大携帯通信事業者であるTelcel、AT&T両社と提携を開始し、同年第3四半期と第4四半期の出荷台数は、それぞれ前年同期比で1035%、107%増の大躍進。OPPO Reno 5系統の投入も、市場シェアの拡大とブランドとしてのミドルレンジ・ハイエンド商品への成長を後押し。

 「IT之家」によると、OPPOは2021年第3四半期にメキシコ市場第4位となる12%のシェアを占め、出荷台数は前年同期比で数十倍に。Canalysのデータによると、400-799ドルの価格帯でシェア1位となりました。

 アナリストによれば、2022年、OPPOはモトローラや栄耀といったライバルとの競争に直面すると見られ、市場シェアの向上だけではなく、顧客満足度やアフターサービスにも力を入れる必要があるとのことです。

こんな記事も読まれています

「Pro+」消滅。「OPPO Reno 7 / 7 Pro / 7 SE」正式発表

米中韓3カ国の5Gユーザー数、3億人を突破!

iPhone「インド奴隷」工場の鴻海、中国では高待遇での大量求人

OPPO Reno5 Pro+は「Sony IMX766」搭載、12月24日に正式発表か

BALMUDA Phone販売再開、1月14日から。「干渉ノイズ許容値超え」が販売停止原因、修正ソフト配信へ

米政府の「対シャオミ投資禁止令」、米連邦裁判所が執行停止を決定!