Google、「Pixel Tablet」チラ見せ。 すまほん!!

 Googleは、先日行われていた開発者会議「Google I/O」にて、数年ぶりの自社製タブレット、「Pixel Tablet」を発表することを告知、その外観や機能の一部をチラ見せしました。

 Pixel Tabletは、Pixel 6 / 6a / 6 Proに搭載されている、Google独自開発の「Tensor」チップを搭載、2023年に正式発表予定。トップクラス、とはいかないものの、それなりに高いCPU性能と優秀なAI性能が期待できます。

 本体は、どのメーカーも角ばったタブレットを販売する現在のトレンドに逆行するかのような、丸みを帯びたデザイン。ほとんど情報は出てきていませんが、カメラは単眼、キーボードなどを接続するとみられる端子などが確認できます。

 本体正面は、「Nest Hub Max」に非常に似た印象を持つ、白いベゼルが特徴。

 THE VERGEはPixel Tabletのデザインについて、安価なChromeOS搭載タブレットより旧時代的な外観のほか、iPad Air/ProとiPhoneの間に見られるような、Pixel 6シリーズとのデザインの統一性がみられないことを指摘しています。また、同サイトは「Pixel Tabletがkindle fireタブレットと競合するような価格であればよいが、より大きなサイズ、プレミアムなスタイルの製品になる」と述べています。

 どのような形であれ、リリースまでまだ時間はあるので、高い完成度に仕上げてくれることを祈るばかりです。

こんな記事も読まれています

噂:「Google Pixel 6a」には2022年5月に発表か?

Google Pixel 4aの新色「かろうじて青(ベアリーブルー)」、SoftBankが12月23日発売

独自チップTensor搭載「Google Pixel 6/6 Pro」正式発表。10月28日発売

噂:Pixel 6aリーク。Pixel 6とデザイン同じ

Google Pixel 6a発表。価格449ドル、国内では5万3900円