米クアルコム、「Snapdragon 8+ Gen 1」「Snapdragon 7 Gen1」を正式発表。 すまほん!!

 米Qualcommは、2022年5月20日に、同社最新のフラッグシップ端末向けSoC「Snapdragon 8+ Gen 1」と、ミドルレンジモデル向けの「Snapdragon 7 Gen 1」を正式発表しました。

Snapdragon 8+ Gen 1

 「Snapdragon 8+ Gen 1」は、先代のSnapdragon 8 Gen 1よりも約10%高速になったKyro CPUとAdreno GPUを搭載。クロック周波数は、先代の3.0GHzから3.2GHzとなり、処理性能が若干向上しています。

 大きな変更点としては、先代がSamsungが製造していたのに対し、「Snapdragon 8+ Gen 1」においては、台湾TSMCの4nmプロセスで製造されている点。Samsung製造のSoCは、発熱や電力効率などの問題から厳しい評価を受けており、今回の製造メーカー変更によって、発熱やバッテリー持ちにおいても改善が見られる見込み。

 数字上でも、電力効率は約30%向上したとされており、ゲーム時に従来より60分、動画視聴時に約80分以上バッテリーが長持ちするとされています。

 「Snapdragon 8+ Gen 1」搭載デバイスは、ASUSやXiaoiなど大手スマートフォンブランドより2022年第3四半期より投入される予定となっています。

Snapdragon 7 Gen 1

 一方、同社の中〜低価格帯スマートフォン向け700番台SoCも同時に発表。ハイエンド向けSoCに続き命名規則が変更され、「Snapdragon 7 Gen 1」となりました。

 「Snapdragon 7 Gen 1」においては、Snapdragon 778Gと比較してGPUレンダリング性能が約20%高速化。最大で2億画素の画像を処理することが可能になりました。また、Adreno Feame Motion Engineにより、エネルギー消費を増やすことなく、ゲームのフレームレートを従来より2倍上げて描画できます。

 通信面では、新たに第4世代のX62 5Gモデムを搭載。最大4.4Gbpsの高速通信が可能であり、従来モデルの3.7Gbpsよりさらに高速、かつ多くの周波数をカバーできます。

 「Snapdragon 7 Gen 1」は、Samsungの4nmプロセスで製造され、2022年第2四半期より同SoC搭載デバイスが各社から市場に導入されます。