4年ぶりの新型「テキスト特化マシン」。ポメラDM250発表 すまほん!!

 文具メーカーのキングジムは、テキスト入力のみに特化し「デジタルメモ」を謳うポメラを4年ぶりに刷新しました。7月29日に発売予定。

 新発表のポメラ DM250は、従来機のDM200に比べて使いやすさを追求したモデル。外観こそ違いは見受けられませんが、バッテリー容量が増加しており、従来より6時間増えた24時間の駆動時間を実現。充電ポートをUSB Type-C端子に変更し、バッテリーステータスの確認を行えるようになりました。

 テキスト入力に特化したデバイスであるということもあり、キーボードは自由の高い選択・カスタマイズが行えます。支持者の多いUS配列はもちろん、日本語入力に特化する「親指シフト」では、さらに入力しやすいレイアウトを追加。

 ソフトウェア面では、IMEの「ATOK for pomera[Professional]」をさらに強化したとアピール。校正を支援する機能や脚本・台本の作成を目的とするシナリオモードなどを新たに搭載。ゴミ箱やバックアップ領域を新たに追加したことにより、ファイルの復旧が可能になったほか、正規表現を用いた検索にも対応。

 加えて、Wi-Fiによる接続を用いて、スマホとのファイルの送受信が可能になったとのこと。Android端末・iPhoneに「pomera Link」をダウンロードすることにより、簡単にファイルを閲覧・送受信することができます。

 本体色は変わらずブラックのみですが、DM250の発売を記念し、要望の多かったホワイトを250台限定で販売するとのこと。

 価格は税別5万4800円で、7月12日より予約受け付けを開始、7月29日より販売開始。ホワイトはキングジム公式直販サイト限定となっています。