オーテク無線軟骨伝導ATH-CC500BT、耳を塞がず高音質な選択肢 すまほん!!

 オーディオテクニカの無線軟骨伝導「ATH-CC500BT」を購入しました。

 筆者は骨伝導イヤホンを日常的に使っています。耳を塞がないので楽、周囲の音も聞けて良いのですが、音質の低さが難点。音楽再生には不向きです。

左:ATH-CC500BT 右:OpenComm AfterShokz

 これに対してATH-CC500BTは軟骨伝導。耳に音が伝わる「聴覚経路」には従来「気導経路」と「骨導経路」の2種類があったのに加えて、2004年に新たな第3の聴覚経路「軟骨伝導経路」が発見、これを活用したのが本機というわけです。

 非常に効率よく音を伝えられるとの謳い文句通りです。aptX HDにも対応。筆者が常用している骨伝導OpenComm AfterShokzは高音域等が全然ダメであくまで会議通話用といったテイストなのですが、それと比べて圧倒的に高音質です。

  Fast Pair対応によりAndroid端末との接続は円滑。マルチポイント接続によりスマホとPCでの同時利用にも問題なし。たとえばPCで動画視聴中、スマホで着信を受けたら自動で接続変更してくれます。

 充電端子はUSB Type-C。急速充電にも対応しているほか、電池駆動時間も非常に長く、本当に優れた製品です。

 ただ個人的に合わないと感じたのは、押さえつけが弱い分、かわりに耳の付け根への圧を感じ、1時間も装着していると耳が痛くなってきて耐えられませんでした。おそらく、これはかなり個人差がある部分でしょうから、実際に店頭などで試してから購入することをおすすめします。

 主にDiscordやVRChatデスクトップ版での作業通話程度を想定しているので、個人的には装着感の合っている骨伝導をメインとして継続利用します。ただ、より高音質で長時間駆動のATH-CC500BTの方が相性さえ良ければ上位互換なので、検討候補に加えてみてもいいかもしれません。より万人への装着感や軽量化も施した後継モデルが出ることを個人的には期待しています。