最大33%の大幅値上げ。Galaxy Tab S8シリーズ、為替や輸送費高騰で来年から すまほん!!

 サムスン電子日本法人は、同社が国内で販売する「Galaxy Tab S8+」「Galaxy Tab S8 Ultra」に関して、メーカー推奨価格を改定すると発表しました。

 価格の改定は2023年1月6日より順次行われ、「Galaxy Tab S8+」は約8%、「Galaxy Tab S8 Ultra」は約33%ほど値上げするとのこと。現在のAmazonにおける販売価格で単純計算すると、「Galaxy Tab S8+」は約9000円、「Galaxy Tab S8 Ultra」は約4万7000円の値上げになります。

 同社は、今回の価格改定について、世界的な物価や輸送費の高騰、さらには大幅な円安が原因と説明。

 なお、同社がAmazonや大手家電量販店で直接販売しているGalaxy M23 5Gやウェアラブル端末・アクセサリー、および各キャリアで販売される端末の値上げは、今のところ発表されていません。

 「Galaxy Tab S8 Ultra」4万円強もの値上げには正直驚きを隠せません。2022年12月25日から開催されるAmazonブラックフライデーでは、Galaxy Tab S8もセールの対象となっており、年内最安値で購入可能とのこと。購入を検討中の方は、早めに購入しておいた方がよさそうです。