ワイモバイル、Android13搭載の「Android One S10」発表。 すまほん!!

 ソフトバンクは、ワイモバイルブランドにおいて5G対応スマートフォンで京セラ製の「Android One S10」を発表しました。1月19日より販売開始予定で、すでに予約受け付けを開始しています。

 Android One S10はSoCにDimensity 700を搭載。エントリーからミドルクラスに位置する製品で、AnTuTuベンチマークスコアは30万点程度。普段使いには十分な性能です。メモリは4GB、ストレージは64GBと乏しめですが、最大1TBのmicroSDカードに対応。

 ディスプレイは6.1インチのフルHD+(2400×1080)の液晶。カメラは1600万画素と同1600万画素のワイドの2眼、インカメラは800万画素。

 また、京セラといえば、といえる耐久性も魅力。防塵はIP6X、防水はIPX5/IPX8に対応するほか、抗菌加工・抗ウイルス加工が施され、アルコール除菌や泡での洗浄も行え、MIL規格に準拠します。

 バッテリーは4380mAh、85分での満充電を謳うほか、Android One S8に比べ、50%までの充電時間が半分の15分であることをアピールします。生体認証は顔認証・指紋認証の2種類。

 プリインストールOSはAndroid 13。いわゆる「素のAndroid」で、無駄なアプリや独自機能の類がありません。また、3年のセキュリティアップデート保証と「2年間」のOSアップデート保証を謳います。しかしOSアップデートは必ずしも2回行うことを意味せず、最低でも1回というものになるようです。

 おサイフケータイに対応。本体色はホワイト、ブラック、ピンクの3色。1月19日より販売開始予定。

OS Android 13
SoC Dimensity 700
メモリ 4GB
容量 64GB
画面 6.1型 FHD+(2400×1080)
カメラ 1600万画素+1600万画素ワイド
インカメラ 800万画素
電池 4380mAh
寸法 約69㎜×約153㎜×約8.9㎜,169g
5G n3/n28/n77/n78/n79
LTE B1/3/8/18/19/28/41/42
その他 顔認証/指紋認証、おサイフケータイ
オンラインショップでY!mobileを契約。(解説
Y!mobileオンラインショップ