HTC VIVE XR Elite正式発表。視度調節、電池ホットスワップ、全色パススルー、VR/MRの全方位HMDに すまほん!!

 HTCは、新型HMD「HTC VIVE XR Elite」を正式発表しました。メーカー希望小売価格は税込み17万9000円。事前予約は本日1月6日からvive.comにて受付。

 本機はVRとMRに両対応。重量はバッテリー込みで625gとなっています。人間工学配慮のデザインで重量バランスによる快適なつけ心地だといいます。

 バッテリーはホットスワップ対応で着脱可能。別の電源やバッテリーに付け替えて中断なく利用継続可能としています。

 スクリーンは両眼4K/90Hz、広視野角110度。無段階のIPD(瞳孔間距離)調整や焦点距離ダイヤル機能を採用、近視の利用者が眼鏡なしでの利用が可能。

 4つの広角トラッキングカメラを搭載、フルカラーRGBパススルーやハンドトラッキング対応。周囲の家具の上をキャラクターが走るようなゲームプレイや、ピアノなどの楽器にリアルタイムオーバーレイを重ねて表示しての学習といった体験を実現。さらに普段使用しているキーボードやマウスはそのままで、複数のバーチャルスクリーンを表示して究極の仕事環境を構築することも可能に。

 本機の発売に合わせて『Figmin』、『Hubris』、『Yuki』、『Maestro』、『Les Mills Body Combat』など100のXRコンテンツの幅広いラインナップがアプリストア「VIVEPORT」に登場するとしています。

 無料の「VIVEストリーミング」ソフトウェアを組み合わせればリッチなPC VRゲーム体験を無線で楽しめるとしています。

 対応Androidスマートフォンと連携することで、スマホ向けのゲームや動画をVIVE XR Eliteに無線配信し、実質300型の個人シアターで観賞できるとも謳います。

SoC Qualcomm Snapdragon XR2
メモリ 12GB
容量 128GB
画面 片目1920 x 1920ピクセル(両目3840 x 1920ピクセル)
視野角 110度
垂直走査
周波数
90Hz
追跡 6DoFインサイドアウトトラッキング
検知器 4xトラッキングカメラ
16 MP RGB カメラ
深度センサー
加速度センサー
ジャイロスコープ
近接センサー
音響 デュアルマイク(エコーキャンセレーション)
内蔵スピーカー
端子 USB 3.2 Gen-1 Type-C 側面ポート ×1
USB 3.2 Gen-1 Type-C パワーポート ×1
無線 Bluetooth 5.2 + BLE
Wi-Fi 6 + 6E*
*Wi-Fi 6E対応状況は国により異なります。
音響 デュアルマイク(エコーキャンセレーション)
内蔵スピーカー
重量 625g
その他 トラックエリア条件
-立位 / 座位両方可能
-ルームスケール
・立位時の最小プレイエリアは 1.5m x 1.5m
・最大 10 x 10m のプレイエリア推奨

 事前予約で$100以上相当のコンテンツも付属するとのこと。2023年2月15日までに事前予約を完了し、2023年3月31日より前にVIVE XR Eliteのセットアップを完了した場合に受け取れるとしています。

 同梱品は以下の通り。

同梱品
VIVE XRヘッドセット
バッテリークレードル
コントローラー(L)
コントローラー(R)
ストラップ x 2
マイクロファイバーポーチ
トップストラップ
Type-C to Type-C ケーブル
Type-A to Type-C ケーブル x 2
レンズ保護紙
資料(クイックスタートガイド / セーフティーガイド / 保証カード)

 今後はフェイストラッカーとアイトラッカーパーツも発売予定としています。正式発売が楽しみなところです。