超軽量・超高解像度のVRヘッドセット「MeganeX」が2種類登場。低視力でも裸眼で使える、個人向けは装着感向上で価格は24万9900円 すまほん!!

 株式会社Shiftallは、VR HMD「MeganeX」2種を正式発表しました。いずれも発売日は2023年3~4月頃。個人向けはShiftall Webで24万9900円、法人向けは検討中。重量は320gから。

 米Kopin社の5.2K/10bit HDRマイクロOLEDディスプレイと、Panasonic独自開発のパンケーキレンズを搭載し、超高解像度を実現。

 折りたたみフレームにスピーカー内蔵。6DoFに対応し、VRChatなどSteamVR対応の様々なVRアプリケーションを利用可能。

 MeganeXは以前から一部お披露目されてきましたが、今回法人向けのエディションも追加されました。

 無印のMeganeXは装着感にこだわり、額のパッドで圧力を分散、瞳孔間距離(IPD)を56-72mm確保。付属のメガネレンズアダプターで、レンズを入れて視力を確保可能。近眼の筆者も嬉しい点です。自身のレンズをはめる方式なので視度調整機能は無いものの、おかげで乱視含む様々な視力のユーザーに対応可能。

 MeganeX Business Editionはビジネスの現場で複数人が共用使用することを想定。視度調整を搭載することで視力の違う人同士で共有が可能。鼻で支える構造のため簡単な着脱を実現。

 トラッキング方式はインサイドアウト方式。アウトサイドイン対応アダプター接続時にはValvev Lighthouse方式になるため、ベースステーションを設置したより精緻な動きの追跡が可能となります。

 グラフィックボードはAMD Radeon非対応となっている点には注意。

 視力調節アダプターや視度調整は良さそうです。コンタクトレンズを使用している筆者でも安心してVR睡眠/寝落ちができそうです。