Qualcommの新プロセッサ、Snapdragon S4の爆速ベンチマークデータが公開!

 Qualcommが他社に先駆け次世代プロセッサの最初の一歩を踏み出しました!

 Qualcommの自社製ARM互換携帯電話向けデュアルコアチップセット”MSM8960″を搭載した開発機(MDP)によるベンチマーク結果がAnandtechにて公開されました。

 今回計測に利用されたQualcommの開発機(MDP)のスペックは以下の通り。

OS Google Android 4.0.3
SoC Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960
├CPU Qualcomm Krait 1.5GHz x2 (ARM Cortex-A15相当)
└GPU Qualcomm Adreno 225
RAM 1GB LPDDR2
解像度 1024x600px

 まずはCPUから。

  • Linpack シングルスレッド(1コア) [数値が高いほど高速]
  • Linpack マルチスレッド(複数コア) [数値が高いほど高速]

 なんと現行のデュアルコアCPUの約2倍のスコアを叩き出しています。鬼のような速度です。

 一方GPU。グラフィックベンチマークは解像度に依存する部分が大きいため、解像度を考慮して考えたほうが良いと思われます。

 参考までに、上位にランクインしている端末のスペックをちょっぴりおさらい。

端末名 GPU 画面解像度
Qualcomm MSM8960 MDP Adreno 225 1024×600
Apple iPhone4 S SGX543MP2 960×640
Samsung Galaxy S II Mali 400MP 800×400

 

  • GLBenchmark 2.1 Egypt
  • GLBenchmark 2.1 Egypt Offscreen(720p)
  • GL Benchmark 2.1 Pro
  • GLBenchmark 2.1 Pro Offscreen (720p)

 かなり健闘していますが、Adreno伝統の高解像度の弱さは今回も引きずっている模様。しかし、Adreno220がドライバ更新にてスコアが大幅向上した例があるため、まだ最終的な判断をつけるのは早いのかもしれません。

 MSM8960は今までのSnapdragonで利用されていたScorpionコアから新設計のKraitコアへとCPUコアが変わっています。
 このKraitコアはARM Cortexシリーズで言えばCortex-A15に相当するもので、製造プロセスも従来の45nmから28nmへと微細化されており、さらに低消費電力、高パフォーマンスになっています。

 QualcommはCortex-A9プロセッサの登場により一時性能的に苦しい状況に陥りましたが、Kraitコアによる再逆転に期待が高まりますね。

 Snapdragon S4搭載の端末は恐らくMWC2012にて発表されると予想しています。このウルトラハイスペックを手の中に収める日も近い!?

 MWCがさらに楽しみになってきましたね。

 

via Anandtech

一方で、そんな端末が発表されようとしている中、あるオワコンメーカーはS3端末を発売しようとしていました。


iPhone 4S/4 高精細アンチグレア プロガード HDAG High-definition Antiglare / PRO GUARD HDAG / PGHDAG-IPH4