やたら速い!SBのRAZR M 201M、サービス開始前だが機能的には既にテザリングに対応している模様。

 SoftBankから販売されている冬モデルMotorola製「RAZR M 201M」ですが、テザリングオプション開始前にも関わらず、テザリング機能自体がすでに組み込まれている模様です。

 確かに、Androidの設定項目の中にテザリングの項目は見当たりませんが、機能自体は存在するようです。サムスンやLGのスマートフォンでこうした例が他社にもあったので、「テザリングON/OFF」などのアプリでショートカットを作ってみたところ、その機能にアクセスできてしまいました。

 インストールしたら、ホーム画面に置いておくと便利です。

 トグルでポータブルWi-Fiスポットのオン/オフの切り替えが出来ます。

 通知バーにあらわれる通知をタップすれば、SSIDやパスワードなどの設定ができます。

 因みに201Mが掴んでいるのはSoftBank 4G(AXGP)のネットワークですが、全くユーザーがいないのか、やたら速度が出ます。栄のコメダでテストしました。

 ノートPCなどで接続しても快適そのものでした。もちろん、人口が増えたら容易に状況も変わってしまいそうですが。

 多分定額内だとは思いますが、正式サービス開始前なので何が起きても自己責任でお願いします。しばらくはMySoftBankの利用料金とにらめっこすることになりそうです。