LINE「年末年始のLINEはなるべくWi-Fiでご利用ください」

 今ではすっかり若者のコミュニケーションツールとなった LINE の運営や広報を行う LINE 公式ブログで”年末年始の「おめでとうLINE」はWi-Fiに接続してご利用ください”とアナウンスがされています。

 通常の3G・4G回線ではなく、固定回線に繋がっているWi-Fi(無線LAN)を利用すれば混雑が予想され「あけおめメール」の自粛が求められている3G・4G網に負荷をかけずにメッセージが送受信できます。

 逆に言えば 3G・4G回線で LINE を使って「あけおめメッセージ」を送受信すると、「あけおめメール」同様にパケット通信網に負荷をかけてしまいます。そのため、NHN Japan としても、過去の事例を踏まえ(後述)このようなアナウンスをしたと考えられます。

 なお、注意したい点は、送信する側も受信する側もWi-Fiを利用していないと、どちらかが、3G・4Gのパケット通信網に負荷をかけてしまうことで、カウントダウンイベントや初詣で外出するときに Wi-Fi へ接続することはまず不可能なため、今年も何らかの障害の引き金にならないか若干の不安が残ります。

 それと、LINE を利用する若年層に Wi-Fi や 無線LAN という言葉が通じるかは若干の疑問が残るところですね。

 このようなアナウンスの背景には、今年の1月25日に起きた、ドコモの通信障害で LINE が原因とされたことにあります。原因には諸説ありましたが事実原因のほとんどは LINE にありました。

 NHN Japan 株式会社の執行役員である、舛田氏はこう述べていますが、この発言にはちょっと裏があります。

   一見すると「ソフトバンクで障害が起きないなら、ドコモの回線が悪い」と思ってしまいますが、それは間違いです。

 理由は単純で、ソフトバンクが提供しているiPhoneはiOSの特性上バックグラウンドで通信は大幅に制限されています

 しかし、ドコモが提供しているスマートフォンは Android のみ、Android ではバックグラウンド通信に特別な制限がありません。(Android 4.0 系列からバックグラウンド通信は若干の修正が入りましたが、当時の主流は2.x系列でした) 

 そのため、メッセージを送信・受信していようがいまいが、Android で動作する LINE は常にパケット通信(制御信号を送信)をし続け最終的にドコモのパケット交換網を潰したという経緯があります。

 これは筆者の勝手な予測ですが、各種キャリアから対策をするようにNHN JAPANに圧力(お願い)がかかったのではないかなと思います。

 以上、年末年始のあけおめメール・あけおめコールを控えるのは当然ながら、LINE を使うなら無線LANを使ってね!というお話でした。LINEのユーザ数はものすごい勢いで増えていますので、このままいくと今年の年末年始は危ないかもしれないですからね!

 もしも、Wi-Fiアクセスポイントを持っていないなら、auならHOME SPOT CUBEを借りにauショップへ!ソフトバンクユーザならFONをセッティング。それ以外なら今すぐ家電量販店にダッシュして、NECのWi-Fiアクセスポイント(これが一番はずれがないので)を購入しましょう!

NEC Aterm WR9500N[HPモデル] PA-WR9500N-HP