「グーグルグラス」法規制に米議員動く 眼鏡型デバイスの運転中利用に罰金100ドル

 早くも法律の対応です。

 ウェストバージニア州のハウエル議員は、Google Glassのようなヘッドアップディスプレイ型のデバイスを、運転中に利用することを違法化する法案を提出しました。法案が通過した場合、運転中の利用に100ドルの罰金が科されることになります。

 同議員は、グーグルグラスのようなデバイスのアイディアは嫌いではないとしています。しかし、携帯電話の利用による若者の事故が多く発生しており、Google Glassも同様に危険であると考えているそうです。

 この法案が通過しなくても、同様の法案はいずれ他の議会でも提出されるだろうとしています。

 Google Glassは、装着の容易性と、カメラを内蔵しているという点から、様々な問題を想像できます。事実、米シアトルのバーが着用を禁止したことで話題となりました。

 LGSONYといった大手メーカーも類似の眼鏡型コンピューターを開発中であることから、こうした新しいジャンルのデバイスに起因する様々な社会問題が生まれ、倫理や法規制が後追いするという現象は、今後も起きていくのでしょうね。

情報元:SlashGear

続々参入!ついにグーグルも独自の「スマートウォッチ」開発中か しかもOSはAndroidになる模様
 「Google Glass」に関する新たな事実:今年中に一般販売。単独ではデータ通信不可、テザリング運用が前提
「Google Glass」の利用シーンをイメージした動画が公開。ボイスコマンドでいつでもどこでも利用可能に
「Google Glass」の個人向け仮予約が開始。応募条件は「もしこの眼鏡を掛けられたら、何がしたい?」の問いに答えられること 

この記事にコメントする

comments powered by Disqus