「Google Glass」の個人向け仮予約が開始。応募条件は「もしこの眼鏡を掛けられたら、何がしたい?」の問いに答えられること

 米Googleは、Project GLASSという名称で、眼鏡型のウェアラブルコンピューター(いわゆるグーグル・グラス)を開発中ですが、それを手に入れられるかもしれないキャンペーンが米国在住者向けに開始されました。

 「この眼鏡を持っていたら何がしたい?」そんな問いにうまく答えられれば、グーグル・グラスを仮予約できます。この眼鏡の完成させるため、創造的な人をGoogleは必要としているのです。

 50字以内で、Twitterのハッシュタグ「#ifihadglass」にツイートする必要があります。5枚の写真、15秒の動画を付加して説明することもできます。あなたの考え得る、最も面白い活用方法を書きましょう。

 また、応募要件として、+ ProjectGlass@projectglassをフォローしており、米国在住の18歳以上である必要があります。フォロワーであればダイレクトメッセージが利用できるため、いい回答ができたユーザーには連絡を取るという形になるのだと思います。

 締め切りは2月27日。値段は1500ドル程度となる見込みです。開発目的ながら、あくまで「仮予約で購入する権利」を優秀賞としたアイディアコンテストのようなものなので、購入費用は必要になるのですね。

 これまで、昨年夏に一部の開発者しか手に入れることができなかったグーグル・グラスですが、広く門戸が開かれた形となります。もしあなたなら、どんな風に使いますか?

情報元:GLASS

[関連]「Google Glass」の利用シーンをイメージした動画が公開。ボイスコマンドでいつでもどこでも利用可能に

この記事にコメントする

comments powered by Disqus