ここまで進化したスマホのカメラ 初代iPhoneからiPhone5まで

 スマートフォンのカメラは急速な高解像度化の渦中にありますが、その劇的な進化を実感できる写真を、海外フォーラムのユーザーがアップロードして話題となっています。

 カメラの画素数としては、初代iPhoneおよび3Gは200万画素、3GSは300万画素、4は500万画素、4Sおよび5は800万画素となっています。

 写真を実際に見てみると、マクロ撮影などが苦手だったiPhoneのカメラは、3GSから大きく改善していることが確認できます。

 4は写真の中心が若干青みがかっていますが、4SからはSONY製のカメラモジュールとなり、画質が向上していることがわかります。

 iPhone5Sでは1200万画素になるとも、SONYは2000万画素級のカメラを搭載したXPERIAを投入するとも伝えられており、これからもスマートフォンのカメラの進化から目が離せません。

情報元:redditimgur 経由:Cult of Mac

この記事にコメントする

comments powered by Disqus