コミケの荷物を大幅圧縮!コミケカタログをスマホに詰め込もう

[追記 2014 12/28]この記事の内容は古くなっています。C87以降はこちらの記事を参考にして下さい。

 世界最大規模の同人誌即売会、それがコミックマーケットです。

 うだるような暑さの真夏でも開催され、参加者はお目当ての同人誌に向かって、炎天下の中を行進します。「夏コミ」こと今回の「C84」は、8月10日~12日に開催となっています。

 そんなコミケにおける、目下最大の敵は「荷物の重さ」ではないでしょうか。

 

地図をスマホに入れよう

 コミックマーケットにおいて必須とも言える「地図」の役割を果たすのが「コミケカタログ」です。まるでタウンページの厚さを思わせるカタログは、近年軽くなりつつあるとはいえ、それでも重量1.3kg程度と言われており、Macbook Air 13ぐらいの重さを抱えて、厳しい気温と環境のもと、行進することになります。

 そんなカタログを軽く携行する方法として、カタログを、あなたのスマートフォンにインストールしてしまうという方法があります。

 コミケカタログは、雑誌形式の他に、「カタロム」と呼ばれる、DVD-ROM版が存在しています。

コミックマーケット 84 DVD-ROM カタログ
コミックマーケット 84 DVD-ROM カタログ

 このデータは、本来PC上で利用するためのもの。とはいえノートPCで閲覧するというのも、少々重たくて、大振りです。

 なので、これを手持ちのスマートフォンやタブレットに入れて持ち運べばいい、というわけです。そのためのアプリケーションがいくつも存在しています。

 

スマホにインストールするには

 対応の幅は実に広く、Android, iOS, PSPなどに対応したカタログ閲覧ソフトが多く存在しています。(最近ではさすがにZaurus, Windows Mobileを見かけなくなってきました)

  いずれのアプリケーションでも、カタログデータの転送が別途必要です。「カタロム」のディスクに「DATAxx」「DATAxxA」「DATAxxN」(xxは、C84なら84。『DATA84A』などというフォルダ名になる)というデータがあるので、それらをスマホに転送し、アプリ側から読み込ませる作業が必要です。各アプリの指示に従って下さい。

 AndroidならmicroSDカードまたは内蔵ストレージの指定された階層にファイルを送り込めばいいだけです。内蔵ストレージに置かないとアプリ側から読み込めない場合もあるようです。

 iOS用のアプリ(「ComicTribes」「ComiMap」)の場合は、PCでiTunesを経由してデータを送り込む必要があります。多くの場合はiTunesを起動→デバイス選択→Appタブ→ファイル共有→Appからアプリを選択し、指定されたデータをアプリに転送する必要があります。

 

サークルに色をつけたら、マップ上に色が表示される

 多くのアプリでは、サークルカットをチェックしていって、重要度によって異なる色を付けていきます。

 たとえば赤色でチェックしたサークルは、マップ上でも赤色で表示され、サークルの位置を確認できるというわけです。

 このようなアプリはいくつもあります。各アプリによって閲覧性、操作性、機能は様々です。自分に合ったアプリを見つけられれば、あなたのコミケライフが、より快適になるかもしれません。

 以下、実機(iPhone5, XPERIA Z, GALAXY S4等)で動作を確認し、使いやすいと思ったアプリへのリンクを並べておきます。

  1. CC-Viewer (Android / Windows Mobile)
  2. ComicTribes (iOS / Android)
  3. ComiMap (iOS)

 

おまけ

 Androidアプリ「コミマップ」なら、カタログデータ不要で、簡単な購入チェックリストとしてすぐに使えますよ。ToDoアプリのような使い勝手がGoodです。

 

この記事にコメントする

comments powered by Disqus