「ロケフリ」復活――ソニーのBDレコーダーにアップデート配信、スマホでTVを「外からどこでも視聴」可能に

tv-sideview-sony

 SONYは、同社製のBlu-rayディスクレコーダーへのアップデートを開始したことを明らかにしました。3月25日から配信されているアップデートを適用することにより、「外からどこでも視聴」機能が使えるようになります。

 アップデートの配信されるレコーダーは、2013年秋以降発売のBDZ-ET2100、ET1100、EW1100、EW510、E510の計5機種。ただしBDZ-E510は、録画番組の視聴にのみ対応します。

ソニー HDD 1TB搭載BD/DVDレコーダー BDZ-ET1100
ソニー HDD 1TB搭載BD/DVDレコーダー BDZ-ET1100
ソニー HDD 500B搭載BD/DVDレコーダー BDZ-EW510
ソニー HDD 500B搭載BD/DVDレコーダー BDZ-EW510

  受信するスマートフォン・タブレットとしては、Android 4.0.3以上またはiOS 6.0以上の機種に、SONYのアプリケーション「TV SideView」をインストールすることが必要です。3月25日からはAndroid版で宅内外からテレビの視聴が可能に。4月下旬に予定されているアップデートでは、Android版の機能に加えて、iOS版も宅内外からの視聴と録画予約、そして「ワイヤレスおでかけ転送」の利用が解禁されます。

modern-location-free

 このような、インターネット経由で遠隔地からテレビを視聴する製品といえば、2000年からSONYが販売していた「ロケーションフリー(当初の製品名はエアボード)」を思い出す人も多いかもしれません。

sony-location-free

 「ロケフリ」は、NetAV機能を介して、海外から日本のテレビを受信することも可能でした。これを利用して、個人から送信機を預かる業者があらわれます。海外に受信機を持ち込めば、日本のテレビを自由に見られるため、海外在住者がこうした業者を利用していました。しかしテレビ局(NHKとキー局)が業者を著作権侵害で訴え、最高裁でテレビ局側が勝訴するといった事件もありました。むしろ製品自体よりも、こうした社会への余波の方が有名かもしれません。

 外出先視聴機能を備えた「ロケフリ」の機種は7年以上前に生産中止となっていますから、SONYファンからすれば待望の復活といったところでしょう。

 このような外出先視聴機能の復活の背景には、昨年の総務省の「放送サービスの高度化に関する検討会」で、デジタル放送のモバイル機器でのリモート視聴について協議され、今月18日、電波産業会(ARIB)の定める諸規定が改定されたという経緯があります。ということは、今後のSONYのレコーダーはもちろん、他社も同様の機能を搭載できることになり、スマートフォン・タブレットにおけるテレビ視聴の環境はより便利になっていきそうで、非常に楽しみです。

情報元:SONY

この記事にコメントする

comments powered by Disqus