iPhone 6は秋ごろ登場、4.7インチモデルのディスプレイは5月から量産開始か

iPhone_6

 英ロイター通信は、Appleの次期スマートフォン「iPhone 6」について、秋頃のリリースを目指し、ディスプレイが5月にも量産開始されると報じました。

 ロイターによれば、やはり「iPhone 6」には4.7インチモデルと5.5インチモデルの2種類が存在し、ディスプレイの供給メーカーはJDI(ジャパンディスプレイ)、LG、SHARPの3社となる模様です。

 タッチパネルは薄型化が容易なインセル方式となりますが、同方式を5.5インチ版のディスプレイで量産することが難しいため、5.5インチ版の量産開始は数ヶ月遅れるようです。JDI製の4.7インチディスプレイの量産が先行する形となりそうです。

 ディスプレイの大画面化、高解像度化がスマートフォンの技術競争のトレンドとしてあり、4インチ以下のスマートフォンを投入し続けてきたAppleも、「iPhone 6」でついに流れに乗る形です。

情報元:Reuters 経由:気になる、記になる…

この記事にコメントする

comments powered by Disqus