ソニー、インドのスマホ市場でアップルを抜きシェア2位に

nexusae0_Xperia_M_single_sim_lime

 IDCの調査結果をもとにTHE TIMES OF INDIA紙が報じたところによると、SONY Mobileはインドのスマートフォン市場におけるシェアで、Appleを3位に下し、2位を獲得したことが明らかになりました。調査の期間は2013年のQ4(10~12月)です。

 同調査によれば、3位はApple(シェア7%)、2位はSONY(9.1%)、1位はSAMSUNG(43%)となっています。トップのSAMSUNGと2位のSONYの間には隔たりがあります。ただしPanasonicもインド市場にスマートフォンを投入していますが、こちらは大きなシェアを獲得するには至っておらず、日本のメーカーとしては健闘しているように見えます。

 SONYの成功要因として、1万~2万ルピーの安価なスマートフォン、XPERIA M dualやXPERIA Cが好調であったことが挙げられています。

 SONYインド法人の日比賢一郎氏は、テレビとスマートフォンをインド市場における成長の二本柱と位置付けました。フラッグシップモデルXPERIA Z2は今期投入されます。大きな人口を擁し、今後の成長市場として期待されているだけあり、2014年のインド市場のシェアも気になるところです。

情報元:THE TIMES OF INDIA 経由:XperiaBlog

この記事にコメントする

comments powered by Disqus