Apple、iCloudに音楽ライブラリを保存する「iTunes Match」を日本で開始

itunesmatch

 Appleは、すでに米国などでは提供中のサービス「iTunes Match」の日本での提供を開始しました。

 iTunes Matchは、パソコンやMacのiTunesに登録されている音楽ファイルをiCloud上にアップロードし、ネットワークを通してどのデバイスでも再生できるようにするサービスです。これまで外出先で音楽を聴くためには、あらかじめiPhoneなどとiTunesを同期させて聴きたい音楽ファイルを転送しておく必要がありました。iTunes Matchを利用すれば、iTunesに登録されている全ての曲はiCloud上に保存されるため、同期させる手間なくモバイルネットワークやWi-Fiを通して全ての曲にアクセスできるようになります。iPhoneなどのiOS端末ではダウンロードして端末内に音楽を保存することができる仕様となっており、一度ネットワークが繋がっている場所でダウンロードすれば、後はネットワーク圏外でも再生できるようになります。

 類似のサービスとしてはすでにGoogle Play Musicが無料で提供されていますが(日本では未提供)、iTunes Matchの特徴としてiTunes Storeで配信されている曲は、コンピュータに保存されていてもiCloudへのアップロードを行わず、AppleがiTunes Storeで配信しているファイルをダウンロード・再生する仕様になっている点が挙げられます。つまり、コンピュータに保存している曲の音質が悪くても、それがiTunes Storeの曲と一致すれば256Kbps AACの高音質での再生が可能になるということです。サービスを提供するApple側としても、ユーザーの音楽を保存するためのストレージを大幅に節約することができるので合理的であると言えます。

 iTunes Matchを利用するためには、iTunes 10.5.1以降を搭載したパソコンまたはMacと、iOS 5.0.1以降を搭載したiOS端末、もしくはApple TVが必要です。また、年間3,980円の登録料が必要となります。年間24.99ドルで提供されている国と比較するとかなり割高な感はありますが、場所や時間を問わず、あらかじめ同期させる必要もなく、安定した音質で音楽を聴くことができるという、外出先で音楽を聴くことが多い方には非常に便利なサービスです。iTunesの曲数が多かったりiPhoneの容量が少なかったりと容量不足に悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus