まるでサーフェスなアンドロイドタブレット「REMIX」元グーグルエンジニアが制作

Remix ultra tablet 4

 脱着式キーボードとキックスタンド……。一見すると Microsoft Surface の新モデルに見えますが、これは Android タブレットです。

Android 4.4 ベースの Remix OS を搭載

 CES 2015 にて展示された REMIX は Android 4.4 ベースのカスタムROM Remix OS を搭載、Android をキーボードやマウスの入力に最適化、よりラップトップ(ノートパソコン)のような使用感の提供を目的としています。

スクリーンショット 2015-01-11 21.47.16

 注目すべき点は、こちらも Windows ライクなファイルマネージャやタスクバーを採用している点で、見た目は Windows 8.1 以降に採用された Modern UI のようです。公式のスペック表にも“Ultra-modern metro style UI design”と書いてあるので、ある程度は狙っているのでしょう。

ULTRA TABLET を謳うもののスペックは一世代遅れ?

 主なスペックは 11.6インチの IPSディスプレイにチップセットは NVIDIA Tegra 4を採用。メモリは2GBでフラッシュメモリは64GBを備えます。

 また、Surface ライクなキックスタンドは40度と80度での切り替えが可能、カバーにはフルサイズキーボードとタッチパッドが備わっています。

 主な仕様は以下の通り。

 SoC Nvidia Tegra 4
 RAM 2GB 
 内蔵フラッシュメモリ 64GB  
 ディスプレイ 11.6インチ IPS フルHD液晶 
 カメラ 前面/背面 約500万画素 
 Wi-FI IEEE 802.11 a/b/g/n 
 Bluetooth 4.0
 バッテリー 8,100mAh
 重量 860g

 たしかに Android タブレットをノートパソコンのように使う場合、一番の難点は操作感にあるため、このようにマウスで使うことを考えられてカスタムされた Android OS とハードウェアは意外と良いのかもしれません。実機があったら触ってみたいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus