シャープ、Android TV搭載4Kテレビを正式発表。

nexus2cee_QPlusMP_i1-668x447

 SHARPは新型テレビ「AQUOS UB30 / UE30 / UH30」を、CES2015にて発表しました。いずれも4K Ultra HD解像度。

 このうちUB30シリーズがエントリーレベルのモデルとなり、通常のプラットフォームを採用。サイズは43 / 50 / 55 / 65インチ。最安モデルは$750から。

 UE30シリーズがステップアップモデルで、Android TVをプラットフォームに採用。サイズはSHARPが開拓した人気サイズの60 / 70インチに加え、80インチモデルをラインナップに加えました。

 UH30シリーズはフラッグシップラインとなり、Android TVを採用。サイズは70インチ。自然な風景や肌の色を再現する「SPECTROS Rich Color Display」を搭載。そして本製品は「スター・ウォーズ」等の作品で知られる映画監督ジョージ・ルーカス氏が提唱したTHX 4K Display Certification」の認証を取得しているとのこと。この認証は映画監督の意図する映像を自宅で再現できるかどうかを保証するプログラムで、そのテスト項目は400と多岐にわたります。

 Android TVを搭載したUE30とUH30シリーズは、Google Playからゲーム、アプリ、音声検索を利用出来るだけでなく、SHARPのスマートフォン/タブレットからコンテンツをキャストする機能を備えます。また、ケーブル/衛星/テレビ/ストリーミングサービスを簡単に検索できる「SmartCentral 4.0」にも対応します。

 これらのテレビは2015年の春に発売が予定されています。

CES2015の最新情報 / スマートテレビの最新情報

この記事にコメントする

comments powered by Disqus