シャープ、四角形を脱した「フリーフォームイグゾー液晶」展示

0105_sharpizgo-798x310

 SHARPはCES2015にて、FFD(フリーフォームディスプレイ)技術を用いたIGZO液晶を展示しました。以前発表されていたものですが、改めて展示される形となります。

 四角形ではないディスプレイは不思議な感覚です。表示領域の外周に駆動用回路を配置するのが一般的なディスプレイですが、このフリーフォームIGZOディスプレイは表示領域内にある画素内に分散して配置する独自の回路設計を行っています。

 自動車の各種車載モニター、スピードメーターをひとつのディスプレイで統合することも可能となるため、未来のディスプレイにはありふれた光景なのかもしれません。

 今回のCESでは、SHARPはAndroid TV搭載の4Kテレビも発表しています。

CES2015の最新情報

この記事にコメントする

comments powered by Disqus