コミケ会場の電波も繋がる?京大が新技術開発

kyoto_u-mark

 PC Watchの報道によると、京都大学の研究グループは、近辺のスマートフォン同士が共同で通信することで混雑を解消する技術の実証実験に成功したとのこと。電車やバスのほか、コミックマーケットなどの多数のユーザーが集中して発生する通信の混雑解消が期待できるそうです。

 この技術は近傍の複数端末を、多数のアンテナを備えたひとつの端末として機能させることで、連携するユーザ数に比例して、通信容量を拡大できるとのこと。

image

 今後はより高い周波数帯を利用し、技術をより洗練するそうです。もしかすると近い将来、このような混雑解消用の仕組みが私たちのスマートフォンに何らかの形で組み込まれるようになるかもしれませんね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus