アップルウォッチの「謎の端子」から、急速充電が可能らしい

 Apple Watchには、公式に明かされていない、6ピンの謎の隠しポートが存在しています。一説には不具合発生時の診断用端子であるとの噂でした。

diagnostic-apple-watch

(画像引用元:MacRumors)

 しかしReserveStrapが明らかにしたところによると、この端子から充電が可能であったとのこと。しかも背面から通常の電磁誘導型充電を行うよりも、充電ペースが早かったそうです。通常の充電方式に不満のある人には朗報と言えるかもしれません。

 さらに、この部分はバンドをはめるにはちょうどいいため、Appleはアクセサリーメーカーがバッテリー内蔵バンドを作れるような仕掛けを施していた可能性もあります。ReserveStrapは早速、バッテリー内蔵ストラップをこの端子に対応させる形で開発するそうです。楽しみですね。

reserve-strap-02

この記事にコメントする

comments powered by Disqus