Android One拡大や低速通信・オフライン対応など、Google I/O 2015では発展途上国に有効な発表が続々

 Googleは検索、そして最近ではAndroidを軸としていますが、そもそもAndroidのミッションは「新興国へインターネットを普及させ、Googleの検索を使ってもらう」というところにありました。

vlcsnap-2015-05-29-05h01m33s677

 今回のGoogle I/O 2015では、発展途上国向けにスマートフォンを普及させる、Android Oneの拡大が発表。インドだけでなく、東南アジアなど7カ国で提供。OEMとしてAndroid One端末を製造する現地メーカーは10社。

 Android Oneに最適化されたChromeは、GSMなど、ネット環境が低速でも快適に繋がるよう、容量を圧縮、4倍の速度で読み込めるようになっています。メモリ消費量も抑制されています。

vlcsnap-2015-05-29-05h03m58s563

 YouTubeの動画をダウンロードしておく機能や、オフラインで利用可能なGoogle Mapも発表。地図はもちろん音声ガイダンスも。オフラインながらもしっかり使えます。

vlcsnap-2015-05-29-05h04m38s164

 途上国にネットを気球で届けるProject LoonのLTE対応も発表され、Googleのビジョン実現にぐっと近付いた発表となりました。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus