ソニー、世界初メモリ一体1.0型積層型CMOS搭載「RX100 IV」と「RX10 II」を国内市場投入。

 Sonyは、海外で発表していたデジタルカメラCyber-shotの2機種を日本市場に投入すると明らかにしました。

rx

 RX100 IV(DSC-RX100M4、画像左)は7月31日発売、市場推定価格は12万円。RX10 II(DSC-RX10M2、画像右)は8月7日発売で16万円。いずれも税別。

 両機種は世界初となるメモリー 一体1.0型積層型CMOSイメージセンサーを搭載。メモリーをセンサーに統合したことで高速なデータの読み出しが可能となり、最大960fpsのスーパースローモーションに対応します。

 価格は高め。同じく発表されたα7R2も高いので、円安や増税をしみじみと感じるところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus