アップル製Androidアプリ「Move to iOS」がGoogle Playで公開。Androidユーザーからは大不評。

 Android用アプリ「Move to iOS」がGoogle Play上で公開されました。

move-to-ios

 このアプリの開発者はApple社。AndroidスマホからiPhoneへ乗り換えるための、データ移行ツールとなります。Wi-Fi経由で簡単にカメラロール、メッセージ、Googleアカウント、電話帳、ブックマークを転送できます。

 ただしアプリに対する評価はかなりの低いようです。

move-to-ios-android

 海外でも低評価のレビューが数多く書き込まれています。

movetoios

 アプリ自体の出来を評価している声が少なく、現時点ではAndroidの熱烈な支持者が、Appleに対する意見表明をしているように見えます。国内でも似たような状況です。

今更ゴミデバイスで使えないiOSに移行するなんて人居るの? Androidは勿論、電話機として使ってないiPhoneも持ってるけどさ、持ってるだけで殆ど使ってない。 何故なら色々使いづらいしやりたい事もサッと出来ないし。 世間、と言うか信者連中が言ってるiPhoneの評価って全て必死に持ち上げたいだけの嘘っぱち。 Android使ってるなら、そのままAndroid使ってる方が無難で賢いよ。 林檎製品はセキュリティの脆弱性がトップで端末内のデータがダダ漏れ状態というレッテルはられてるのに、使う人の神経疑うレベル。

 こんな指摘も。確かに移行アプリを受け入れるGoogleは寛大ですね。

立場が逆だったら・・・ GoogleがAppStoreに”iOS→Android移行アプリ”を申請したら、果たしてアップルはリジェクトせずに許可するのだろうか?(笑)

 個人的にはこのようなアプリは、ユーザーの流動性が高まり、プラットフォーム同士の競争が激しくなり、両OSの機能向上も期待できるので、歓迎です。Googleも、「iOS to Android」を開発してApp Storeに公開すべきだと思います。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus