画面デカい?iPhone 6 / 6 Plusを一年間使った感想。

iphone-5s-6-6plus

 iPhone 6 / iPhone 6 Plusを一年間使用した感想を書き留めておきます。

iPhone 6はいいサイズ

 iPhone 6は4.7インチディスプレイを搭載しています。大型化したのと相応に、適度に解像度が上がっているので、iPhone 5sに比して精細感が上がった・下がったという感覚はありません。

 普段5インチ台のAndroidを使っていることもあって、片手操作はそれなりに容易にできます。それでいて、画面が広くなった分、キーボードは押しやすくなりました。ジャストサイズと言ったところ。

 ホールド感はまずまず。筐体がラウンド形状ということもあり、やや滑りやすく、保護ケースは必須。ストラップホールがないのが残念ですが、保護ケースがあればストラップも付けられますからね。

DSC05876

 個人的には、iOS端末は電話機として優秀で、小型なままで居てくれたほうが、Android機との使い分けがはっきりしていて良かったのですが。しかしAppleがそのような地位に甘んじるわけがなく、ちゃんとiOSでゲームや動画を適切な画面サイズで楽しんでもらおうと、Androidと同等サイズに大型化して、勝負を仕掛けてきた、というのが実際のところなのでしょう。

xperia-z3-compact-iphone-6s

iPhone 6 Plusは単に大きいだけで面白くないが、使いものにならないわけでもない

P1770027

 5.5インチへと大型化したiPhone 6 Plusは、片手操作は困難。しかも重量172g。指がつる前に諦めて下さい。

 他社製品のファブレットにある、スタイラスによるペンオペレーションや複数ウィンドウ表示のような、はっと言わせる工夫やギミックは、ありません。狭いベゼルのおかげで大きさを感じないSHARP中国メーカーのような努力も……ありません。取ってつけたようなReachability(ホームボタン2回タップで画面を下げる機能)なんて、何の解決にもなってません。強いて工夫と呼べるものがあるとすれば、iPadのようにホーム画面が回転するぐらい?実に面白みのない機種です。

 じゃあ面白くないから全部ダメかというと、一概には言えません。片手操作こそ困難ですが、両手でのフリック入力やQWERTY入力は打ちやすいです。省電力のiOSと2900mAhという大容量バッテリーという組み合わせも強力で、電池は2日持ちます。片手でスマートフォンを操作していたイメージを捨て、「これはこういう使い方のものなのだ」と考えを改めることが肝要です。

 そもそも、iOSの強みは、ゲームアプリやコンテンツが充実しているという点です。既にiTunesやApp Storeにどっぷりハマった人は、Androidなどあまり眼中になく、あくまでiOS搭載端末の中から機種を選びたいはずです。そういう人にとって、Plusのラインナップは十分に有力な選択肢たりえるのです。

 逆に言えば、OSに拘りのない人は、iPhoneとAndroidを俯瞰し、機種個別の機能に着目して、自分にあった機種を冷静に検討すべきです。

カメラは相変わらずいいが出っ張りが邪魔

iphone-6-6plus-camera

 カメラ画質はゴリゴリに補正して作った画ではなく、自然ですが、目で見たものに比較的近く、ベターな選択肢。これは5sの頃からそうです。

 劇的に進化したわけでもないのに、カメラ部分が出っ張ったデザインは残念。中央だけ出っ張っていればまだマシかもしれませんが、片方に寄っているので、机の上に置くと不安定というのはさすがに。これもケースを付ければ改善できますが。(まさか6s / 6s Plusも出っ張ったままとは思いませんでしたし、最悪だと思いますが、1200万画素・4K動画撮影など、個人的には性能向上を考えれば心理的に許容できる部分はあります)

 一応、スペックシート上はiPhone 6 Plusのみ光学手ブレ補正対応なのですが、特に6と 6 Plusとの違いは感じられず。暗いところで少しだけブレづらいかな……程度。

音響面は向上

 端末下部のスピーカーは音質、迫力ともに向上。他社製スマートフォンと比較してもかなり良いのでは。VoLTE対応という点も、電話として利用する時にはメリットです。買い換えて満足した数少ないポイントです。

買い換えてよかったか?

 結論としては買い換えて良かったです。ラウンド形状もクール。iPhone 5sに戻ろうとは思いません。もちろんガラケー的な、最小限の使用ならiPhone 5sの方が良いのですが、iOS端末の用途・アプリ・ゲーム・コンテンツは拡大しています。大型化は、時代に合わせた進化であったと思います。

次はどっちを買う?

 iPhone 6 Plusは、5.5インチという大画面ならではの工夫や使い勝手というものがほとんどありませんでした。しかもiPhone 6s Plusは、6 Plusから20gも増量して、192gという重量に悪化しているので、4.7インチのiPhone 6sを買います。

 とはいえ5.5インチという画面サイズ自体を否定しているわけではありません。例えば、AppleがiPad Proで導入したApple Pencilの技術・ノウハウをもって、Plusのラインナップに電子手帳としての役割を付与したら非常に面白くなってくると思います。今後の期待はありますが、現時点の総合的な使い勝手という観点から、万人に勧めやすいのはiPhone 6sです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus