アップルウォッチを横置きできる、watchOS 2にうってつけの「Spigen S350」

 Apple Watchの欠点は充電環境です。独自の電磁誘導充電、長すぎるコードなど、どうしても見栄えが悪くなりがち。

 そこでSpigenさんよりApple Watch用のスタンド「Spigen S350」を提供していただいたのでレビューします。

apple-watch-night-stand

 化粧箱を開封すると中に高さ調節のシールがあります。自分は38mmタイプなので、これを指定箇所に貼っておくとちょうどいい感じでした。

spigen-stand-apple-watch

 底面は粘着性のシールとなっており、滑り止めの役割を果してくれるので、安定して充電できます。

P1790193

 スタンドの素材はTPU素材。Apple Watch本体を傷つけることはありません。

spigen-apple-watch-stand

 裏からApple Watch用の充電端子をはめこみます。はめこんだ図。

spigen-s350

 従来の金属製スタンド「Spigen S330」はApple Watchを縦方向に固定するものです。Apple Watchは縦画面にしか対応しておらず、この製品でも十分でした。

 しかしwatch OS2の配信により、充電中に横画面表示するNightStand機能にも新たに対応したのです。

P1790417

 横向きにApple Watchを置いて充電するという選択肢が増えました。それを活かすのがSpigen S350であると言えます。

apple-watch-night-stand

Apple Watch スタンド, Spigen® [充電 クレードル ドック] アップル ウォッチ 38mm / 42mm 対応 スタンド シリコン製【国内正規品】(2015) (S350, ブラック【SGP11584】)
Apple Watch スタンド, Spigen® [充電 クレードル ドック] アップル ウォッチ 38mm / 42mm 対応 スタンド シリコン製【国内正規品】(2015) (S350, ブラック【SGP11584】)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus