Twitterのタイムライン、フォローしてない人まで出てくるように?

twitter-icon

 Twitterのタイムラインは、フォロー中の人の投稿を時系列順に並べる基本機能です。

 これが時系列順でなくなるというウワサは、以前から海外で伝えられています。

 Twitter公式クライアントでログインしているTwitterアカウント@smhnpostで確認したところ、タイムライン内に、フォローしていない人の投稿が流れ込んでいることが確認できました。

 smhnpostは作ったばかりの新しいアカウントで、アカウントをほとんどフォローしていません。おそらくTwitter社がタイムラインの変更をテスト中なのでしょう。

 どういう時に知らない人の投稿が出てくるか?というと、まずタイムラインを下に引っ張って、リロードした時に最新投稿がないにも関わらず、再度リロードを行った時です。出てくる投稿は、フォロー中の人が「いいね」したものや、フォロー中の人がフォローしている人(つまり友達の友達)のもの。要は「見つける」タブとして提供されていた機能が統合されるようなイメージですね。

 タイムラインの流速がかなり遅い人が、Twitterに飽きてしまわないよう、知らない話題を表示させたり、より多くの人をフォローさせてタイムラインの速度を上げるという意味では、意義があるのかも。しかしユーザーを混乱させかねない変更でもあるので、設定からオフに出来ることが望ましいようにも思います。

 一定のテスト期間を経て、手直ししつつ、既存のユーザーにも採用される可能性があります。Twitter社は、他にも1投稿あたり140文字の制限を撤廃することを計画中とも伝えられています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus