マイクロソフト、Lumia650を発表。199ドルのエントリーモデル

Lumia-650-gallery2-jpg

 マイクロソフトは2月15日、Lumiaシリーズの新モデルLumia650を発表しました。199ドルで購入可能なエントリーモデルとなっています。

 The smart choice for your business.(意訳:あなたのビジネスに賢い選択を)を謳う本モデルは、エントリーモデルながらも、クアッドコアCPUとHD解像度の有機ELディスプレイを搭載。また、MicroSDスロットも備えます。主な仕様は以下の通りです。

 OS Windows 10 Mobile 
SoC  Snapdragon 212(1.3GHz クアッドコア)
 RAM 1GB 
 内蔵フラッシュメモリ 16GB(microSD対応)
 Wi-Fi + Bluetooth  IEEE 802.11 b/g/n・Bluetooth 4.1
 カメラ 背面:800万画素
前面:500万画素
ディスプレイ  5インチ(HD解像度)有機ELディスプレイ 
対応周波数  GSM:850 / 900 / 1800 / 1900MHz
WCDMA:band1 / band5 / band 8
LTE :band1 / band3 / band7 / band8 / band 20
サイズ  142 * 70.9 * 6.9 mm 
重量 122 g
その他 NFC

 Lumiaシリーズながらも落ち着きのあるデザインにまとまっているのは、企業での大量導入を見越してのものでしょうか。Lumiaシリーズには従来のデザインを貫いてほしかったですが、原色寄りのカラーリングは企業用途には向きませんからね……。

 安価ながらもLTEに対応しているので、個人的に輸入をして楽しむモデルとしても良いかも知れません。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus