5.8型有機EL搭載の大型iPhoneが計画されている?

iphone-5s-6-6plus

 台湾のサプライチェーン筋に精通したDigiTimesは、Appleが5.8インチの有機ELディスプレイを搭載したiPhoneを計画していると報じました。

 このiPhoneをAppleが投入するのは2017年または2018年以降になるそうです。

 パネル供給メーカーはLG Display、JDI、Samsung Displayの3社が候補に挙がっているとのこと。3社とも既にiPhoneへのパネル供給実績のあるメーカーです。

 仮にこの情報が事実であるとすれば、iPhone 7以降、iPhone Plus系統の大画面モデルは、5.5インチではなく5.8インチディスプレイを搭載するのかもしれませんね。

 現状、各社のファブレットモデルは、画面サイズを大型化しつつも、その大きさを感じさせないよう、ベゼルレス化するなど、多種多様な工夫を凝らしていますが、その点においてはiPhone 6 / 6s Plusは努力不足と言わざるを得ません。筐体サイズをほとんど変えず、画面を5.5インチ化から5.8インチへ大型化したとなれば、製品の魅力は増すのではないかと推測します。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus