アップルがWWDC2016で発表したものまとめ。

 Appleは、開発者向け会議WWDC2016にてPC・モバイル・ウェアラブル・セットトップボックス向けOSの最新バージョンなどをお披露目しました。

macOS Sierra

macos-sierra

 iOS、watchOS、tvOSという命名規則に合わせて、OS Xの名称が「macOS」に変更されました。バージョンを表すコードネームは「Sierra(山脈)」です。

 Apple製デバイスとの連携が向上。iPhoneやApple Watchが周囲にあれば、Macのロック画面のパスワード入力を省略可能に。iOS端末とのクリップボード共有も可能になりました。このクリップボードは画像や地図情報もコピーすることができます。現時点では日本は対象外ですがブラウザ経由でのApple Pay決済も可能になります。

 Mac版Siri、動画を小窓表示する機能、古いファイルを自動でiCloudへと移管する「Optimized Storage」機能も新たに搭載されます。

macos

ハードウェア

 新型のMacbook Pro / Airの発表を期待する声もありましたが、今回の発表ではハードウェアはお披露目されていません。開発者会議の本質を考えれば普通のことではあります。

iOS 10

ios10

 注目すべきは純正アプリのデベロッパーへの解禁です。例えばSiriは、今後はサードパーティ製アプリへのアクセスが可能です。Siriに呼び掛けることで、サードパーティアプリのデータにアクセスしたり特定動作を呼び出すことができるようになります。Apple純正Mapも同様に解禁されます。MapからUberを呼ぶこともできます。

 ロックスクリーンのデザインが刷新されました。様々な情報の表示やアクションが可能に。3D Touchでたまった通知の全消去も可能になりました。

ios-10

 Messageアプリはよりチャットライクに。音楽や手書きメモの共有も可能に。このほか、電話帳やApple Music、NewsアプリのUI改善も行われています。今秋正式リリース予定です。

Homeアプリ

apple-home

 IoTプロトコルHomeKitを管理する「Home」アプリが登場し、家庭内の対応家電を簡単に操作できるようになります。

 コントロールセンターのスワイプ動作で呼び出すこともできます。

ios10-home

 各種IoT機器の操作を予めセットしておくこともできます。朝起きたら家電をカーテンを開ける、夜寝る時は電気を消すといった一連の操作をワンタッチで、あるいはSiriで、まとめて実行することができるのです。

watchOS 3

 アプリの動作速度が大幅に向上。デジタルクラウンでの操作性も向上しています。ウォッチフェイスはより簡単に変更可能となりました。Apple Watch側からiPhoneの機内モードやiPhone本体の電池残量確認も可能になるなど、より便利になりました。

 Apple Watchの狭い画面でも手書きで文字入力可能な「Scribble」も登場しましたが、現時点では英語と中国語のみ。

apple-watch-chinese

 ワンタッチで緊急通報できる発信機能や、毎日時間を取って深呼吸することを奨励する一風変わった健康管理アプリ「Breathe」も登場します。

tvOS

 Apple TVを操作できるiOSデバイス用のリモコンアプリも強化。Siriにも対応しました。

ios-remote

 iOSでのログイン情報を引き継いで動画サービスに自動ログインできる機能が搭載。ID/Passwordなど文字入力の煩雑なtvOSのユーザーにとっては見逃せない改善です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus