初心者向きでは無い「Andoer LEDプロジェクター」レビュー

UC46_002 「テレビよりも大画面で動画コンテンツを楽しみたい」そんなニーズに応えるのがプロジェクターです。プロジェクターは依然として国内メーカーのシェアが高く、エプソンやキヤノン、ソニーのようなメーカーが、人気を博しています。

 しかし、国内メーカーのプロジェクターは「とにかく高価」という問題があり、自宅で使うためには、リース落ちの中古を買うか、高級なモデルを購入するかの2択の状態が続いていました。

 ところが、中国の無名メーカー達がそのエンジニアリング力を生かして、徐々に低価格なプロジェクターの販売を始めました。今回もそんなメーカーのひとつAndoerのLEDプロジェクターのサンプルをstooctam様より提供していただいたのでレビューしていきます。

ネイティブ解像度は800*480。いろいろと機能はついているが……

 1万円弱で購入可能ということもあって、出力解像度は 800*480 ピクセルと低めです。このあたりは価格相応といったところですね。入力自体はHDMIでフルHDまで対応しているので、ダウンスケーリングされて表示されることになります。

 明るさは1200ルーメンとかなり低めなので、明るいシーンで使う場合は壁やスクリーンとの距離を考える必要があるでしょう。

 手始めに動作を確認すると、常用するのはなかなか厳しい製品で、かなり用途を絞って購入しないと痛い目を見る製品というのが率直な感想です。

UC46_001

天井なら大画面で楽しめる?

 プロジェクターを天井に映してアニメを見ることもできますが、良いものを知ってしまっていると「うーん……もうひとがんばり欲しかった」という気持ちになってしましました。

UC46_003

SDカードスロットやUSBポートを備えています

 いろいろと機能はついているようですが、リモコンの操作性なども芳しくなく(真っ暗な中でどうやってリモコンを操作しろっていうんだ!!)全体的に片手落ちとなってしまっています。

 価格を考えれば「まあ、確かにそうだよね……」という製品ですが、初心者には少しばかりハードルの高い製品でしょう。用途を限った玄人なら、良い使い道を見つけられるかもしれません。気になる方はAmazonでチェックしてみてください。クーポン「RDT9GJ2M」を使えば、7月10日まで10%オフの価格で購入できます。 

Andoer LEDプロジェクター 1200ルーメン Full HD 1080P 800 : 1 DLNA Miracast WiFiディスプレイ USB / VGA入力 リモコン付き UC46 Andoer LEDプロジェクター 1200ルーメン Full HD 1080P 800 : 1 DLNA Miracast WiFiディスプレイ USB / VGA入力 リモコン付き UC46

 

この記事にコメントする

comments powered by Disqus