ソニー、Xperia XZ発表。5軸手ブレ、レーザーAF搭載、5.2型で新デザインのフラグシップモデルに

Xperia_XZ_001

 Sony Mobileは、ドイツにて現地時間9月2日から開催される「IFA 2016」に先立ってプレスカンファレンスを実施し、その中でXperiaシリーズ最新モデルとして「Xperia XZ」を発表しました。当然、防水防塵にも対応で、日本市場への投入が予告されています。

 Xperia X Performanceの後継機種に当たり、シリーズのフラグシップモデルとなります。引き続きSnapdragon 820を採用し、RAMは3GB搭載。先代機種との大きな違いは、シリーズで初めてレーザーAF(オートフォーカス)機能を搭載するなど、AF機能全般を刷新した点です。Sonyは、このレーザーAFを含む3つのセンシング技術を合わせて「トリプルイメージセンシング」と呼びアピールポイントにしています。また動画撮影においては「5軸手ブレ補正」が採用され、これはスマートフォン初とのことです。

Xperia_XZ_002

 筐体は、Zシリーズのオムニバランスデザインに近かったX Performanceから一転して、表裏に継ぎ目のない筒型の金属ボディに変更されています。以前リークされた内部情報に掲載されていた「tube」に似ていますね。ディスプレイはZ5以前の5.2インチに戻り、ベゼルも微細ながら狭まっています。解像度はFHDのまま据え置きです。

 カラーリングはミネラルブラック、プラチナ、フォレストブルーの3色。フォレストブルーは同シリーズでは珍しい緑がかったトーンの青で、Sonyとしてもトレンドとして推していきたいとのこと。

OS Android 6.0 Marshmallow
CPU Qualcomm Snapdragon 820 2.2GHz クアッドコア 64bit
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.2インチFull HD
カメラ Exmor RS for Mobile, 2300万画素, レーザーAF, 4K動画
インカメラ 1300万画素
バッテリー 2900mAh, Battery Care
寸法 146 × 72 × 8.1 mm
重量 161g
その他 microSDスロットあり、防水防塵(IP65/IP68), USB Type C

 Sony Mobileは以前よりXperiaシリーズのモデル数を削減していくとしていましたが、今年もまたフラグシップモデルを2機種発表し、その割に他社に比べてスペックで見劣りする面があるなど、「期待外れ」であるとの声がインターネット上では散見されます。しかしながら、Xperiaのセールスポイントであるカメラ周りは着実に進化させ、マンネリ化していた筐体デザインも新しくするなど、評価できる点も多くあります。個人的に、今回の発表会からは、従来のような苛烈なスペック競争よりも、使いやすさを重視していくSonyの姿勢が感じられたように思います。

 Sonyの目指すXperiaシリーズの方向性が市場に受け入れられるのか、見守っていきたいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus