LINEの人工知能スピーカー「WAVE」、今秋正式発売。夏には先行版の販売も

 LINEは、LINE CONFERENCE 2017において、クラウドAIプラットフォームClovaを採用した、「WAVE」「CHAMP」「FACE」という3種類のAIスピーカーを発表しました。

WAVE_image

 初の「Clova」搭載デバイス「WAVE」は、リビングやダイニング、ベッドルームなど自宅で利用するスマートスピーカー。カレンダー/ToDo管理はもちろん、音声でカジュアルな会話をしたり、ニュース・天気を教えてもらったり、「LINE MUSIC」の楽曲再生なども。

 さらに赤外線コントローラーに対応する家電のON/OFF操作をしたり、音声で「LINE」のトークメッセージの操作もできるとのこと。操作できる機能は随時追加予定。

 日本での正式発売は今秋、税別1万5000円より。これに先駆け、「MUSIC」だけに機能を絞った先行版を今夏に税込1万円で販売予定。先行版は、正式発売と同時に正式版同等にアップデート予定です。

 「CHAMP」はキャラクターをモチーフとした「Clova」搭載スマートスピーカーで、持ち運びも容易。今冬発売予定。

CHAMP_image

 既に発表済みのスマートディスプレイ「FACE」は引き続き開発中。

FACE_image

 このほか、LINE CONFERENCE 2017では、Sony Mobileの「Xperia Ear Open-style」など、Xperiaスマートプロダクトと「Clova」を組み合わせた新しい体験の検討を進めていることなども発表されました。