コインチェック、NEM補償方針を発表。日本円で補填、原資は自社資金 すまほん!!

coincheck

 コインチェック株式会社は、取引所Coincheckサービスで不正送金された仮想通貨NEMの保有者に対する、補償方針を明らかにしました。

 まず盗まれた総額は5億2300万XEM。保有者数は約26万人。

 補償方法としては、NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金するとのこと。

 算出方法はNEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の取引所Zaifのレートを参考に、出来高の加重平均で価格を算出。NEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格なので、1XEM=88.549円で計算。つまり88.549×保有数が日本円での補償額となります。 

 補償時期や手続きの方法については現在検討中。返金原資については自己資金より実施するとのことです。

 取扱銘柄の多さとユーザー数の多さから、取引手数料による利益はかなりのものだったでしょうから、自社の資金だけで補償ができたのでしょうね。ここで万が一経営破綻のようなことになると、仮想通貨市場全体への影響が甚大だったでしょうから、良かったと言えそうですね。