革新的ARショッピング。Shopify、ブラウザで商品を現実投影

 手軽にネットショップをオープンできる、カナダ発のECプラットフォーム「Shopify」は、ARショッピングをより身近にする「Shopify AR」を発表しました。

 従来、消費者はWebサイト上で写真を見て商品を購入するかどうか決める必要がありました。しかしShopifyは、AppleのARKit 2のAR Quick Lookを活用し、iOS12以降のSafariブラウザ上で直接AR表示を可能にしたとのこと。

スクリーンショット 2018-09-18 11.48.35

 たとえばこの例なら、全てのカラーやオプションの組み合わせの自転車が実際にそこに無くても、まるで本当にそこにあるかのように表示し、その見た目をあらゆる角度から確認することができます。また、自分の家やアパート、玄関など、自転車が大きすぎるか、実際に置けるかどうかを簡単にシミュレーションといったこともできるようになりますね。

 中小規模の販売事業者でも、製品の写真や寸法を送ることで3Dモデルの発注が可能とのこと。夢が広がりますね。

 米国ではSafariがモバイルブラウザの市場シェアの半分近くを占めていることから、別途アプリをインストールする必要のないShopify ARは多くの需要が見込めるとしています。