ツァイス、衝撃の「ライトルーム内蔵カメラ」を発表。SDカードなし、512GB SSD、フルサイズ3740万画素、Android すまほん!!

 ツァイスは、デジタルカメラ「Zeiss ZX1」を正式発表しました。レンズは一体型ではあるものの35mm f/2.0、センサーはなんとフルサイズ3740万画素!

zeiss-zx1

 さらに本機の驚くべき特徴は、カメラにAdobe Lightroomを内蔵しているという点。撮った写真をすぐに加工しシェアできると謳っていることから、定かではないものの、Android OSを採用している可能性がありそうです。

zeiss_zx1_02.0

 写真がデスクトップ上のLightroomに直接同期するとしており、これはAdobe CCを利用していて且つ、PC側にClassicでないLightroom CCを、スマホにLightloom Mobileをインストールしている場合にも実現しているもの。こうした事実を踏まえても、Zeissのサイト・動画内などで一瞬映るAndroid由来と思われるナビゲーションキー・キーボードなどから考えても、やはりAndroid OS採用であると考えるのが自然です。

 また、SDカードスロットは非搭載。その代わり、512GB SSDを内蔵ストレージを備えています。このほかWi-Fi、Bluetooth、USB-C接続をサポートします。

 ISOとシャッタースピードを制御するためのダイヤルと、絞りリングが操作系としてあります。物理ボタンは少なめ。4.3インチのタッチスクリーンを搭載していることから、ここで多くの操作を行えるのでしょう。EVFはOLED。

zeisszx1

Sponsored Links

 RAWで撮影しLightroomなどで編集というのはこれまでも行われてきたことです。しかしその作業は、これまではデジタルカメラで撮影し、PCにデータを移して、そこで初めて編集、そこからSNSなどに共有を行う……という、様々なデバイスをまたいだ過程を経て、ようやく皆さんのSNSのタイムラインに写真が登場するものでした。この撮影・編集・共有を全てこれ一台で完結できる、というのが本機の素晴らしい点です。カメラのお供にノートPCやタブレットを持ち歩いていた人にとっては、荷物を大いに減らせる可能性もあるかもしれませんね。価格と発売日の発表が楽しみです。追記:2019年初頭に登場予定。

 こう考えると、先駆者として、1型センサー搭載のAndroidカメラPanasonic CM1はモバイルネットワークも内蔵していて偉大でしたね。ZX1の素晴らしいコンセプトにまだ欠けているのは、SIMが刺さらないという点だけです。