世界初の穴なしスマホ「Meizu zero」、超過激無端子仕様で一大勝負! すまほん!!

meizu-zero-hero

 中国メーカーMeizuは次期スマートフォン「Meizu zero」を発表しました。本機は世界初の「ホールレス(穴なし)スマホ」になるとのこと。

meizuzero

 通常、スマートフォンはイヤホンジャックや通信/充電端子を備えていますが、これらを廃除。底面部にmicroUSB / USB Type-C / イヤホンジャック端子なし。

meizuzero-holeless

Sponsored Links

 さらにボタン、スピーカーグリル、SIMカードスロットもなし。

meizuzero

 代わりに仮想圧力ボタン、画面内スピーカーmSound 2.0、eSIM、18W急速ワイヤレス充電に対応します。

meizuzerocharging

 ボタンなし・ホールレス仕様によりIP68防水防塵に対応。筐体はセラミックユニボディ。

meizu-zero-ip68

 画面は5.99有機EL。指紋認証は画面内。カメラは12MP+20MP(Sony IMX 380+IMX 350)。前面カメラは20MP。SoCはSnapdragon 845。カラーバリエーションは白と黒。

 実行メモリとストレージ、価格、投入市場はまだ発表されていません。

Sponsored Links

 SamsungがGalaxyが切り拓いたのは、ベゼルレスと、前後ラウンドによって側面部を細くすること。この側面部から最終的に限りなく無駄を削ぎ落とす、というのはどこのスマートフォンメーカーも次なる挑戦として捉えているはずです。Appleは、今後10年のスマホを見据えた10周年記念モデルiPhone Xにて、側面部のLightning端子を排除することを計画していたとされています。かつてリークされたHuawei Pシリーズ試作機の一つも、側面のボタンを仮想化したものでした。Sony Mobileもラウンドデザインにて側面部を細くする新しいデザインに挑戦、物理シャッターボタン排除を想定してか本体傾き検知によるAIスマートカメラ起動に対応するも、筐体の肥大化や技術の不整合など中途半端な出来でした。

 各メーカー、向かう先には気付いているも、実際にここまで徹底した実製品はMeizu zeroが初と言えるかもしれません。未来を先取りしようとするチャレンジングな機種、非常に気になりますね。

 Meizuといえば個性的なメーカーであり、かつてはXiaomiのライバルとして君臨していたものの、やはりXiaomiには勝てず、奇抜で先進的な機種を出すも、早すぎて、他のメーカーに美味しいところを持っていかれるという、何とも不遇なポジションの斜陽メーカーでもあります。日本でいうと、驚異的なAQUOS CRYSTALでベゼルレスを開拓しておきながら、早すぎて、今や台湾メーカー傘下となりノッチを採用しているSHARPみたいな立ち位置でしょうか。

 非常に面白いとは思うものの、通信端子を接続せずともiCloudでファイル同期/バックアップに長け、eSIMを既に展開しているiPhoneに美味しいところを持っていかれそうな気もします。先行他社の技術や試みをうまく取り込むのはAppleのお家芸です。

Sponsored Links

 価格や投入市場の続報が気になるところ。他メーカーに与える影響もあわせて注目していきたいところです。

ETOREN Banggood(解説) GearBest(解説) Geekbuying(解説) TOMTOP
中華ガジェット個人輸入の定番サイト